にきび用化粧品

ニキビ用化粧品とは、にきびが出来ている方を対象に作られた化粧品です。

にきび用のケア商品は化粧水をはじめとして、石鹸やメイクアップ化粧品に至るまで様々な種類が販売されています。

例えばニキビ跡が残ってしまってる場合、化粧品を使用して治療することは困難ですが、症状の軽いニキビくらいであれば、使用する化粧品を変えるだけでその症状を改善できる場合もあります。

それでは一般の化粧品とにきび化粧品では、どんなところが異なっているのでしょうか。

たとえば、ニキビ用の化粧品にはビタミンC誘導体が含まれている製品や、ヒアルロン酸等の保湿力を保つ化粧品などもあります。

他にも緑茶の成分カテキンが含まれている製品もあり、このお茶の成分を含むことで皮脂の分泌による酸化を防いだり、細菌を防ぐことも可能となります。

これらのニキビ化粧品の特徴は、にきびで悩んでいる方を対象としているので、肌に優しい成分で作られているところでしょう。

一般に市販されている化粧品は、ニキビが出来ている肌に使用すると刺激が強く、敏感になっている肌にとってあまり良くないのですが、にきび化粧品であればその心配はありません。

現在にきび用の化粧品として特に人気があるメーカーはプロアクティブが挙げられます。

プロアクティブはニキビ専用化粧水として販売されていますが、この化粧水や洗顔料などを使用してニキビが出来にくくなったり、改善につながる化粧品として有名になっています。


>>【薬用にきびケア用品売上No.1プロアクティブ】
 米No.1の実力派にきび対策(アクネケア)、にきび(ニキビ)予防にはプロアクティブ



>>【フラーレン配合化粧水:GFローション50】
 ニキビやニキビ跡・毛穴の開き・美白・肌荒れなどの原因に働きかけて、
 トラブルフリーなお肌へ導きます。





にきびと漢方

にきびの治療法の一つとして、漢方薬を使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

市販の薬に対して抵抗があり、漢方薬を使う方は多いと思います。

漢方薬は市販されている薬よりも即効性が無いのが特徴の一つではありますが、ニキビ自体を治療するわけではなく、体質そのものを改善させる働きを持っています。

普段から漢方薬を繰り返し飲み続けることで、ニキビが出来にくい体質に変わっていくと言われています。


ニキビが出来る原因の一つとして、ホルモンバランスが崩れていたり、胃腸が弱っていることが挙げられます。

にきびを抗生物質を使って治療する場合は、即治癒につながることがありますが、そこで薬を飲むのを止めてしまうと、再度にきびが出来てしまうことがあります。

ですがニキビ治療に漢方薬を使用した場合は、ニキビ自体に働きかけるというよりも、むしろ自己治癒力や免疫力を向上させる効果が期待できますので、たとえ漢方薬を飲むのを止めたとしても、体質が改善されている場合が多いためニキビが再発する可能性が低いと言われています。

もちろん使用する方のニキビの種類や原因によって、選ぶ漢方薬の種類は異なりますので、それぞれの症状や原因に合った漢方薬を摂取して頂くことをお勧めします。

にきびの治療のために漢方薬を入手する場合は、一般に薬局やドラッグストア等においても販売されていますが、できれば漢方薬を専門で扱っている店で、症状を伝えて処方して頂くのが最適でしょう。

漢方薬は即効性はありませんが、約2週間〜1ヶ月強ほど続ければ効果は現れてくると思われます。



漢方薬十味敗毒湯-28(じゅうみはいどくとう)350錠入【第2類医薬品】




にきびの化粧水

にきび化粧水は、にきびで悩んでいる方のための化粧水です。

ニキビの予防や改善をするためには、まず肌の保湿が欠かせないことをご存じでしょうか?

肌の乾燥が直接にきびの原因となることもあるので、新たなニキビを予防するためにも、にきび化粧水は重要な働きをしてくれます。

ニキビ化粧水と一言で言っても当然種類が多様にありますので、この化粧水を選ぶ際にはご自分の肌の性質や、その時の肌の状態に合ったものを選んでください。

これは、乾燥肌が原因でにきびが出来る方もいる一方で、脂性でにきびが出来る方もいますので、当然同じにきび化粧水では効果が無いと言えるでしょう。

ご自分の肌に合ったにきび化粧水を選ぶポイントを挙げると、脂性の方は肌質がオイリーな状態になっていると思われますので、成分にアルコールが入っていて、サッパリした感触の化粧水が良いでしょう。

この化粧水を付けることで皮脂の分泌を抑えることができます。

また、乾燥肌の方は肌の状態が良いとは言えませんので、成分にアルコールが入っていると刺激を与え逆効果になりますので、ノンアルコールの化粧水を選ぶと良いでしょう。

そして、保湿力に優れしっとりタイプのにきび化粧水を選んでください。

これらのように、にきび化粧水は個人個人の肌質に合わせて選ぶことが重要ですが、どの場合においても肌に刺激を与え過ぎない商品を選ぶことが大切です。

また、保湿する場合は多目ににきび化粧水を使用してパッティングするなど、肌に保湿成分を浸透させるようにしてください。

>>ニキビ、ニキビ跡、肌荒れ等の原因に働きかけ、お肌の様々な悩みに対応

>>にきび跡からケロイド状の傷跡まで幅広くお肌の傷跡を改善!

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。