肌荒れとにきびの関係性


現在、肌荒れやにきびで悩んでいる方はかなり多いと思われます。

昔であれば、ニキビと言うとある程度思春期だけに限定されるものと考えられていたでしょうが、現在はそうではありません。

にきびも肌荒れと同様で、大人になってからもできるということが知られてきました。

その理由を挙げると、やはり昔に比べると生活環境が著しく変化していることが関係していると思われます。

肌荒れの方は、原因として何らかのストレスや不規則な生活等が考えられます。

そして、肌荒れと同じような原因でニキビができてしまう方も多いのが現状です。

ストレスを溜めると肌の状態も悪くなってしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなりますので、ストレスはなるべく溜めないよう注意しましょう。

そして肌荒れやニキビを日頃から予防するためには、毎日の食生活や生活習慣の見直しも必要になってきます。

食生活の面では脂肪分の多い食事はなるべく避け、栄養バランスを考え野菜や食物繊維等をたくさん摂取することが重要です。

次に生活環境に関しては、不規則な睡眠時間であったり、就寝時刻が遅い方は、それだけで肌荒れやにきびが出来やすくなる原因になってしまいます。

ですので肌荒れやニキビを予防、改善したいと思われるのならば、まずはご自身の食生活や生活習慣の見直しをしてみる、そしてストレスを溜めないということが重要なポイントとなります。

口で言うのは簡単で実践するのは難しいかと思いますが、少しずつでも気を付けて意識しながら日々の生活を送ってみてはいかがでしょうか。


【スピルリナ食品エクセリーナS 600錠】
1日21粒で緑黄色野菜150g、淡色野菜は300g相当
WHO(世界保健機構)からも高評価を受けています


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。