おでこのニキビ

今回はおでこにできるニキビについての回ですが、一般的におでこにできるにきびは思春期にできやすいと言われます。

思春期のニキビの特徴として、ホルモンバランスの乱れや、ホルモンのバランスが急激に変化しやすいことによって出来やすいようです。

またそれだけでなく外的な要因も様々であり、前髪がおでこに被さることで、整髪料や汚れが毛穴をふさいでしまうこともありますし、シャンプーが綺麗に洗い流されていない場合にもニキビが出来やすくなる原因となります。

これらのように額にニキビが出来やすい方は、なるべく前髪がおでこにかからないよう上にあげておくか、短くカットするなどの対応をすると良いでしょう。

そしてシャンプー時には、前髪はすすぎ残しが多いので、毎回しっかりと意識して額の生え際まで綺麗に洗い流すようにしましょう。

これだけでもにきびが軽減されたり、悪化を抑えることができます。


一般的に大人ニキビの場合は、おでこにニキビができる可能性は少ないと言えるでしょう。

しかし、思春期のホルモンが影響するニキビの場合には、おでこににきびが出来やすいので、洗顔をこまめに行なったり、汗をかいたら拭くなどの対応をしていくことが重要です。


>>タレント眞鍋かをりさんのCMでお馴染みプロアクティブはコチラ
薬用にきびケア用品売上No.1プロアクティブ【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】
薬用にきびケア用品売上No.1プロアクティブ



ニキビができやすい箇所


一般に、ニキビができやすい箇所は顔だけだと思われがちですが、実際のところそうではありません。

当然にきびができやすい箇所は個人によっても異なってきます。

個人によって異なるニキビができる箇所の違いは、一体何が関係しているかと言うと、例えばその方の生活習慣であったり、食生活であったりと、様々なことが関連しています。

それでは、にきびができた場所を見るとおおよそ何が原因であるのかが分かってしまう事をご存じでしょうか?

まず顔の部位の中で最もニキビができやすい場所と言うと、俗にTゾーンと呼ばれる額から鼻筋にかけてのTの字になっているところです。

このTゾーンは皮脂線が密集しており、皮脂の分泌量が他の場所よりも多くなってしまうのが原因です。

この多量の皮脂の分泌がニキビを出来やすくさせてしまいます。

次に、ニキビができやすい部分としてあごや首にできる方も多くいらっしゃいますね。

この場所は、男性ホルモンの分泌量が多いとできやすいと言われており、一般に男性の方に多く見られます。

そしてもう一箇所、口の周りもニキビができやすい場所の一つですね。

口の周りにニキビができてしまう方は、食べ過ぎや、脂肪分の多い食事を繰り返すことで胃腸が衰弱していると言われます。

最後になりますが、顔以外にもニキビができやすい場所があります。

背中にもニキビができやすく、背中にも皮脂線がたくさん集まっていることから皮脂の分泌が活発になり、にきびができやすいのです。

ドクターサニーのピーリング石鹸 3個セット/大人のニキビ、背中のにきび、二の腕のブツブツに最適なグリコール酸5%配合だから老廃物をポロポロ、ポロポロ落としてくれます【これこれ倶楽部】
【ドクターサニーのピーリング石鹸 3個セット】
大人のニキビ、背中のにきび等に最適♪
フルーツ酸(AHA)の中でも特にお肌に良いグリーコール酸を5%も配合したピーリング石鹸


肌荒れとにきびの関係性


現在、肌荒れやにきびで悩んでいる方はかなり多いと思われます。

昔であれば、ニキビと言うとある程度思春期だけに限定されるものと考えられていたでしょうが、現在はそうではありません。

にきびも肌荒れと同様で、大人になってからもできるということが知られてきました。

その理由を挙げると、やはり昔に比べると生活環境が著しく変化していることが関係していると思われます。

肌荒れの方は、原因として何らかのストレスや不規則な生活等が考えられます。

そして、肌荒れと同じような原因でニキビができてしまう方も多いのが現状です。

ストレスを溜めると肌の状態も悪くなってしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなりますので、ストレスはなるべく溜めないよう注意しましょう。

そして肌荒れやニキビを日頃から予防するためには、毎日の食生活や生活習慣の見直しも必要になってきます。

食生活の面では脂肪分の多い食事はなるべく避け、栄養バランスを考え野菜や食物繊維等をたくさん摂取することが重要です。

次に生活環境に関しては、不規則な睡眠時間であったり、就寝時刻が遅い方は、それだけで肌荒れやにきびが出来やすくなる原因になってしまいます。

ですので肌荒れやニキビを予防、改善したいと思われるのならば、まずはご自身の食生活や生活習慣の見直しをしてみる、そしてストレスを溜めないということが重要なポイントとなります。

口で言うのは簡単で実践するのは難しいかと思いますが、少しずつでも気を付けて意識しながら日々の生活を送ってみてはいかがでしょうか。


【スピルリナ食品エクセリーナS 600錠】
1日21粒で緑黄色野菜150g、淡色野菜は300g相当
WHO(世界保健機構)からも高評価を受けています


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。